製菓やバリスタ専門高校でプロフェッショナル|喜びと感動を

女性

プロの講師に教えてもらう

調理中のコック

製菓の高校は主に専門学校として入学することになります。2年間の勉強と実技によって国家資格の製菓衛生師を取得してレストランや洋菓子店などで即戦力になれる基礎技術とオリジナルレシピを考えることができる力を身につけるようにします。
製菓専門高校として多くの場合、50%以上の割合で実習が入ってきます。ほとんどが実習になるのですぐにプロの技術や知識を身につけられるようになるのです。

製菓専門高校で学ぶことで将来、何ができるのかというと洋菓子職人やパン職人、ショコラティエ、ヴァンドゥーズ、和菓子職人などになることができます。そのために必要な技術を授業で一人一人に合ったスピードで授業が進んでいきます。丁寧な指導になるのでわからないことやうまくいかないこともわかりやすく指導してもらうことができるでしょう。
製菓専門高校によってならうレシピは異なりますが、基本的に洋菓子や細工菓子を主に学び、製パンや和菓子を学んでいきます。
学ぶときには、講師としてトップパティシエが教えてくれる学校もあります。世界大会の出場経験や洋菓子の本場フランスで修行してきた方などが指導してもらえる製菓高校もあります。
学校によっては常に指導してくれる方がトップパティシエや有名ショップの方であることもあります。そのため、製菓専門高校に入学を考えているときには、そういった講師や学べること、将来何になりたいのかなどを考えておくことが大切になります。